使用方法

「安心ドッグ」を利用したメールの添付ファイルの保護

送信側に「安心ドッグ」をインストールし、送信側と受信側に同名のフォルダ(セキュリティフォルダと呼びます)を作成するだけで利用できます。

メール送信時の使用方法
 
はじめに
①送信側に「安心ドッグ」をインストールします。
②送信側に相手先毎のフォルダを作成します。
③送信側から受信側に②と同じ名称のフォルダの作成を依頼します。
④受信側は③で依頼されたフォルダを作成します。
※「安心ドッグ」では、このフォルダを「セキュリティフォルダ」と呼びます。
STEP1
送信側では作成したセキュリティフォルダに添付するファイルを格納します。
STEP2
STEP1で格納したファイルを「安心ドッグ」で暗号化し、メールに添付して送付します。
STEP3
受信側では受信した暗号化ファイルをセキュリティフォルダに格納し復号します。
※同名のセキュリティフォルダ以外では復号出来ないので、万が一誤送信しても安心です。

※受信側から「安心ドッグ」で暗号化したファイルを送信する場合には、受信側にも「安心ドッグ」のインストールが必要です。

 

対応OS

日本語版の以下のOSに対応しています。

  • Microsoft Windows XP(Service Pack 3以降)
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 8.1